中古10tトラックの世界での需要

10tトラックと聞いてどれくらいの大きさのトラックか想像が付かない人も多いでしょうが、大型で土砂等を運搬するときに利用されるダンプカーや後ろが荷台や箱型ジュラルミンを搭載した大型車両で、運送会社の路線運送やその他長距離輸送を行う際に使用されるトラックです。

実施の大きさで言えば、現在トラックとして販売されている車種でほとんどのメーカーで、全長11メートル以上、幅2メートル50センチ、高さ3メートル20センチ(天井高)程度の車両が多く、ダンプカーの場合は、全幅は同様でも、サスペンション強化のため高さが高く、積載部分の素材強化とダンパー重量が重くなるため、全長ピッチがトラックよりも短くなります。

ダンプやその他の貨物を搭載して走行できる車を総称して大型トラックと言いますが、その中でも最大積載量が10tの車両を10t トラックと言います。

新車価格はキャビンとシャーシで500万円から700万円で、荷台となる部分がジュラルミンの箱型・冷凍庫搭載・ガルウイング・ダンプなどの架装を行うと、別に300万円から500万円ほどかかります。

この車両の導入で新車購入は企業にとって大きな負担で、リース契約を行う企業が非常に多いです。

リース終了後は、再リースか中古市場への転売が多いでしょう。

トラックは車両の性質から長距離の走行となり、新車から50万キロという走行も珍しくはなく、100万キロを超える車両も多いです。

ただ、トラックは足回りやエンジン・ギアにおいても普通車に比べて耐久性能が高く、中古トラックとしの人気も高くなります。

とくに、これから発展してくるであろう新興国では、日本の高性能な中古トラックは人気が高く、とくに10tのような大型車両は陸送やインフラ整備に非常に適しており、車検制度の充実した日本で走行していたことで、世界のトラック市場の中でも、もっとも評価が高いです。

新車のトラックが国内でどんどんと売れることが中古トラック市場を活況にするもので、国内インフラ事業や陸送事業が活況となることも中古トラック市場を左右するキーワードとなります。

http://www.xn--nckde7eya2rc4fb0240gk0wg.biz/